そろそろ黄砂も気にしないと…

急な暖かさで桜の開花が予想を上回る速さで咲き、各社比較している場合でない…みたいな状況です。

そこで目先のところで何か季節的なイベントは無いか?と探してみました。

やっと見つかったコチラのグラフ…

これは気象庁が観測している全国59箇所の「黄砂の観測日数の平年値(1981-2010)」を表しています。すると、なんと4月は9.0日と一年の中で最も多く観測しているようなのです。

■黄砂はナゼ飛んでくるのか?
黄砂は、中国大陸の内陸部にあるタクラマカン砂漠やゴビ砂漠などの黄土地帯で、強い風によって数千メートルの高さにまで巻き上げられた粒子が、偏西風に乗って日本に到達し降下する現象です。黄土地帯での黄砂が舞い上がる条件は、雪や氷が解けて乾燥し、樹木が無いところにおいて、低気圧などによる強い風が吹くことなどと言われています。黄砂は日本だけでなく、衛星観測によると遠くは北太平洋を横断し北米大陸まで到達していることが分かっています。

黄砂の解説図(気象庁HPより)

■黄砂が来ると何が困るのか?
日本において、黄砂はどのような影響があるのでしょうか?
自動車や洗濯物に付着して汚れたり、空気が黄褐色にかすみ見通しが悪くなる”視界不良”による交通障害などが考えられます。また、人間の呼吸活動により喉が痛みや目の痛み等を含む呼吸器や眼科の疾患もあります。さらに、粒子が小さいため、工場へダストとして侵入すれば製品の不良品を生むことにつながり、様々な影響が考えられます。

■飛ぶ日を知るにはどうしたら良いのか?
このため気象庁では2004年から黄砂飛散予測を気象庁ホームページで配信しています。毎朝6時ごろに96時間先(4日分)まで3,9,15,21時の予測図が更新されます。

ということで、サクラも良いけど花粉もね、そして黄砂にも気に留めていただきまして、健康管理にはお気をつけ下さい。

The following two tabs change content below.

hiro

小学校の理科をきっかけに天気に興味を持ち、大学進学を機に海洋気象に出会う。大手民間気象会社在籍時は主にラジオの気象情報を担当し、言葉だけで表現することの難しさと重要性を実感する。現在は新たな民間気象会社にて海の気象情報を伝える傍ら、今後は子供達が天気や海遊びに興味を持ってもらえるような活動に参加したいと思いを巡らす。

Latest posts by hiro (see all)

Add Your Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.