大型連休はココでも鯉のぼりが…

新年度を迎えもう間もなく1ヶ月が経とうとしています。
この春、新しい環境でスタートし何が何だか分からずに右へ左へと忙しくされた方もおられるのではないでしょうか?

そんなところに救世主となるのでしょうか?大型連休が迫ってきました!
5月1日、2日もお休みにしてしまうと、なんと最長9連休!

ご存知の通り、3日は憲法記念日、4日はみどりの日、5日はこどもの日となるわけですが、今回は「こどもの日」を取り上げてみました。

こどもの日といえば、男の子の出世と健康を願って飾られる「鯉のぼり」が空を舞い、「金太郎」がお家の中に飾られる光景を目にします。最近は飾れるような敷地は少なく、お目にかかる機会も少なくなってきたようにも感じます。

そんな鯉のぼりですが、意外なところでお目にかかることができます。

クルマを運転される方ならご存知の方もあろうかと思いますが、それは高速道路なんですね。

高速道路では橋の上や平野部、トンネルの出口など風のとおり道になっているところには、鯉のぼりのような「吹き流し」が設置されています。風の向きや強さをドライバーに視覚的に伝えて安全運転を促す、ローテクながらも優れたアイテムです。

それでは…風の強さと吹き流しの角度にどのような関係があるのかご存知ですか?

そんな「吹き流し」ですが、まさにこの時期、なんと鯉のぼりに変わるというんですね!

全国津々浦々、全ての吹き流しが変わるのかどうかは分かりませんが、大型連休におクルマで高速道路を利用されるという方、ひょっとすると季節限定の吹き流しに出会えるかも知れませんね。

The following two tabs change content below.

hiro

小学校の理科をきっかけに天気に興味を持ち、大学進学を機に海洋気象に出会う。大手民間気象会社在籍時は主にラジオの気象情報を担当し、言葉だけで表現することの難しさと重要性を実感する。現在は新たな民間気象会社にて海の気象情報を伝える傍ら、今後は子供達が天気や海遊びに興味を持ってもらえるような活動に参加したいと思いを巡らす。

Latest posts by hiro (see all)

Add Your Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.