個人的恒例、年賀状チェック

今年は「平成最後の◯◯」とよく耳にしますが、平成の年賀状も来春が最後ですね。 そんな年賀状が、いよいよ11月1日に発売(一部デザインは既に販売中)となります。 さて年賀状でこの数年毎年話題となるのは、日本郵便株式会社の切手デザイナー星山理佳(あやか)さん。 2017年時点において切手デザイナーは、日本には7人しかいないということらしいです(情報が古くてスミマセン!) その星山理佳さんのデザインですが、2015年の未年では、羊が首にマフラーを巻き、編棒を手にするデザインとなっています。遡ること12年前は、毛糸玉を手元に編み物をする羊の姿が…。 2016年の申年は、お湯に浸かる猿と風呂桶という構図に変化はありませんが、2004年は一匹だったのが、2016年には小猿とともにお湯に浸かり風呂桶も大小2つと、家族と仲良く暮らす...
Read More

秋も花粉症に注意

9月に入って、なんだか風邪の様な症状がでてお困りの方はおられませんでしょうか? それ、ひょっとすると花粉症かもしれません。 春のイメージを持つ「花粉症」ですが、実は日本人の花粉症患者のうち、約15%は秋に花粉症が発症すると言われているそうです。 「鼻アレルギー診療ガイドライン2016年版」や花粉症専門サイト「花粉症ナビ」によると、秋の花粉症は主にブタクサやヨモギ、カナムグラなどの雑草類やイネ科などが原因となります。 出典:http://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/about/calendar.html 花粉症予防には、風が強い日の外出を控える、窓を開けないなどの予防がありますが、秋の雑草類は、春のスギ花粉などと比べると飛散距離が短いため、原因となる植物に近付かないことで症状を抑えることもできま...
Read More

ペットの熱中症

今年は異常な暑さとなっています。気象庁は「この暑さは災害のひとつ」とも言っています。 ところで、暑さ対策はヒトだけではありません。ワンちゃんや猫ちゃんなどペットに対しても、ぜひ注意をしてあげたいものです。なお、我が家では犬を飼っていますので、どうしても例えが犬に偏ってしまいますこと、お許しください… まず、普段のお散歩は何時頃でしょうか? ご存知のかたも多いかと思いますが、晴れて日中の最高気温が30度を超えるような日は、実はアスファルト面では50度にも60度にもなる高温な状態となるそうです。では、日が沈めば良いのか?というと、日が沈んでも路面には熱が残っていることも多いため、確認のために手の甲を地面に当てて、熱くないことを確認しましょう。 ちなみに、ペット保険を取り扱っているアニコム損保の熱中症に関連する月別の保険金請求件...
Read More

大型連休はココでも鯉のぼりが…

新年度を迎えもう間もなく1ヶ月が経とうとしています。 この春、新しい環境でスタートし何が何だか分からずに右へ左へと忙しくされた方もおられるのではないでしょうか? そんなところに救世主となるのでしょうか?大型連休が迫ってきました! 5月1日、2日もお休みにしてしまうと、なんと最長9連休! ご存知の通り、3日は憲法記念日、4日はみどりの日、5日はこどもの日となるわけですが、今回は「こどもの日」を取り上げてみました。 こどもの日といえば、男の子の出世と健康を願って飾られる「鯉のぼり」が空を舞い、「金太郎」がお家の中に飾られる光景を目にします。最近は飾れるような敷地は少なく、お目にかかる機会も少なくなってきたようにも感じます。 そんな鯉のぼりですが、意外なところでお目にかかることができます。 クルマを運転される方ならご存知の...
Read More

そろそろ黄砂も気にしないと…

急な暖かさで桜の開花が予想を上回る速さで咲き、各社比較している場合でない…みたいな状況です。 そこで目先のところで何か季節的なイベントは無いか?と探してみました。 やっと見つかったコチラのグラフ… これは気象庁が観測している全国59箇所の「黄砂の観測日数の平年値(1981-2010)」を表しています。すると、なんと4月は9.0日と一年の中で最も多く観測しているようなのです。 ■黄砂はナゼ飛んでくるのか? 黄砂は、中国大陸の内陸部にあるタクラマカン砂漠やゴビ砂漠などの黄土地帯で、強い風によって数千メートルの高さにまで巻き上げられた粒子が、偏西風に乗って日本に到達し降下する現象です。黄土地帯での黄砂が舞い上がる条件は、雪や氷が解けて乾燥し、樹木が無いところにおいて、低気圧などによる強い風が吹くことなどと言われています。黄砂は日本...
Read More

もうすぐ春ですね。各社桜の開花予想を比較してみた。

春間近、徐々に日差しが力を増して、暖かく感じられる日も出てくるようになってきました。 春は卒業や入学、異動、転勤などなど、別れと出会いがある季節。新たなスタートを祝うかのように咲く桜… ということで、今年の桜の開花はいつ頃なのでしょうか? 桜の開花予想は、いくつかの民間の気象会社から発表されています。主要な地域を選んで、各社比較してみました。 桜の開花は標本としている木(標本木)に5~6輪以上の花が開いた状態を言い、満開は80%以上のつぼみが開いた状態を言います。 福岡で3月20日前後、同じか数日後に名古屋や東京、そして大阪が3月22日~3月25日頃。4月に入ると新潟や仙台へと開花前線は北上し、4月末には北海道へと移る予想となっています。 各社とも大きな差はなく、平年と比べると早めという見解です。 今年の冬は...
Read More

もうすぐ啓蟄

日中は春の陽気となった我が家付近。 夕暮れ間近に犬の散歩に出た妻が見た物は…カエル。それもデカイヤツ。 とのこと…実は、妻はカエルが大の苦手。なので、種類は分からず。 兎にも角にも、夕暮れ時に子猫が丸くなった程度の大きさの物陰を見つけ、ナニナニ?と近寄ったら、カエルでした!みたいなことだそう。 ぎゃー ということで、愛犬とともに逃げ帰ってきたのだと。 そう、3月6日は二十四節気のひとつ『啓蟄』 春分までの間のことを言いますが、地面が暖かくなり冬眠していた虫たちが、穴から出てくる頃とされています。 とは言え、来週半ばは一転して寒くなりそう。はじめと後半には曇りや雨・雪でぐずつく日もあり、まだまだ寒さも残る時期ですが、一雨ごとに気温も上がり、日差しも少しづつ暖かく感じられる季節へと移ってゆくのでしょうね。 ...
Read More

雨水(うすい)

きょうは二十四節気のひとつ、雨水。 立春から数えて15日目ごろにあたります。 今シーズンの冬の寒さはラニーニャ現象が影響しているか?とも言われていながらも、暦の上では「空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる」とされています。 草木が芽生えはじめ、農耕の準備を始める目安とも言われています。
Read More

九州北部・中国・北陸で春一番。未明は東日本でも強風が…

きのうは日本海を進む低気圧に向かって、南寄りの風が吹き、九州北部や中国、北陸地方で春一番を観測しました。フェイスブックの書き込みでは、伊豆半島付近でも、きょう未明は強風だったとのことで、ひょっとするとコレも春一番だったのかもしれません。 いわゆる”春の嵐”ですが、気象庁では立春~春分の間で、最初に吹いた南寄りの強風を『春一番』と呼んでいます(気象庁では、他にも春一番の定義はありますが、こんかいは割愛)。 今となってはよく聞かれるコトバですが、春一番の由来は1859(安政6)年3月中旬にさかのぼります。現在の長崎県壱岐島沖で、強い南風にあおられ漁船が転覆し漁師53人が犠牲になりました。それ以降、漁師らがこの強い南風を「春一」「春二」と呼び警戒する慣習が生まれ、これが「春一番」の由来とされています。そして現在、長崎県の元居公園には、帆をイ...
Read More

ことしの花粉はどんな感じ?

敏感な方は既に始まっているとチラホラ聞きますが、今年も各社より花粉の飛散予測(第2、第3報あたり)が発表され、すこし見比べてみました。 ■花粉症とは? まずは「花粉症」とは何か?を【花粉症環境保健マニュアル(環境省・2014年1月改訂版)】で見てみると”花粉症は体内に入った花粉に対して人間の身体が起こす異物反応”と記されています。悪いものを排除するという、本来であれば身体の良い反応なのですが、これが過剰に反応してしまうと日頃の生活などに支障がでてしまう…ということなんですね。 ■花粉の種類と一般的な飛散時期 花粉症の多くは、特に普段目にする『花粉飛散情報』はスギやヒノキが対象ですが、日本で報告された花粉アレルギーは約60種類も報告されているそうで、そのうち花粉症は約50種あるそうです。キク科のブタクサやヨモギ、イネ科のカモガヤ、樹木に...
Read More