そろそろ黄砂も気にしないと…

急な暖かさで桜の開花が予想を上回る速さで咲き、各社比較している場合でない…みたいな状況です。 そこで目先のところで何か季節的なイベントは無いか?と探してみました。 やっと見つかったコチラのグラフ… これは気象庁が観測している全国59箇所の「黄砂の観測日数の平年値(1981-2010)」を表しています。すると、なんと4月は9.0日と一年の中で最も多く観測しているようなのです。 ■黄砂はナゼ飛んでくるのか? 黄砂は、中国大陸の内陸部にあるタクラマカン砂漠やゴビ砂漠などの黄土地帯で、強い風によって数千メートルの高さにまで巻き上げられた粒子が、偏西風に乗って日本に到達し降下する現象です。黄土地帯での黄砂が舞い上がる条件は、雪や氷が解けて乾燥し、樹木が無いところにおいて、低気圧などによる強い風が吹くことなどと言われています。黄砂は日本...
Read More